So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

こだまでまったり [旅、のこと]

GWに撮り鉄さんと一緒に帰省しました。
行きは新幹線のぞみで名古屋まで。
座席が取れなくて、早朝発でした。

で、帰路はお昼前に名古屋発のこだま。
早割のグリーン車で、お安くのんびり
帰ってきました。
お楽しみは、途中停車駅で買う駅弁。

私は
image-20170505165448.png
浜松駅「浜松三ケ日牛&遠州しらす弁当」。
右はご当地キャラの家康くんワンカップ。
カップは私用、中身は撮り鉄さん用です。
image-20170505165508.png
牛肉の下は、ほんのりオレンジ色の
みかんご飯でした。
しっかり味のお肉とご飯は相性良し。
さっぱりしらすと薄甘い錦糸卵の乗った
白いご飯と交互に食べてちょうど良いです。
ちょこっと添えられた煮あさりも、味の
アクセントになってました。
美味しかった(*^◯^*)

撮り鉄さんは三島駅の鯛めし。
image-20170505165534.png
真っ赤な鯛の背景に富士山。
掛け紙のインパクトが半端ないです。
やさしい甘さのさらさら鯛でんぶが
たっぷり乗ったご飯がメインです。
image-20170505165601.png
おかずは、わさび漬け、名物黒はんぺんの
天ぷらなど。
抹茶風味の甘味も付いてフルコース?
名古屋からお昼を我慢していた撮り鉄さんは、
すごい勢いで平らげていました。

今日の富士山。
image-20170505165626.png

いつもより1時間以上かかりましたが、
広い座席でゆっくり飲んで食べて。
久しぶりに汽車旅の楽しさを味わいました。

ところで、今日買った駅弁はもう1つ。
image-20170505165659.png
image-20170505165712.png
静岡駅のシンプルな「鯛めし」。
そぼろが粗めで、魚食べてる感が味わえ
そうです。
撮り鉄さんが夕食に食べると言って
買ってきたんですが、どれだけ鯛めし
好きなんだろう。
うちでも時々作ってあげないと
可哀想かしらん(;^_^A
nice!(6)  コメント(3) 

「LION/ライオン ~25年目のただいま~」観ました [観、のこと]

インドで迷子になり、5歳でオーストラリア人夫妻の
養子となった少年・サルー。
25年後、かすかな記憶の断片とグーグルアースを
頼りに、彼は実の家族を見つけ出そうとしますが…
実話をもとにした作品です。

サルーの実のお母さんやお兄さんのやさしさに、
インドの貧しい子供達の現実に、
オーストラリアの育ての両親の大きな心に、
育ての親と実の家族への思いに心を引き裂かれる
大人のサルーに、
やっと「ただいま」ができたサルーに、
何度も鼻の奥がツーンとした危険な映画
でした。お化粧落ちます^_^;

サルーと恋人とのくだりが、ちょっと端折り気味
でしょうか。
ラストでタイトルがなぜ「ライオン」なのか
種明かしがあります。
タイトルロールの後まで、席を立たないことを
オススメします。
私は、ダメ押しで泣けてきました。


ところで、グーグルってすごいですね。
航空写真で我が家を見てみたら、しっかり
洗濯物まで写ってました。ヤダー!
nice!(7)  コメント(3) 

What is うずわ? [食、のこと]

伊豆ドライブの行き帰りに時々立ち寄る伊東。
「わかば」のソフトクリームを食べたり、
美味しい干物やお茶を買ったりしますが、
今回は一泊しました。
徒歩でゆっくり歩く機会が今まではあまり
無かったので、観光案内所で地図をお願いしたら
こちら↓のフリーペーパーもくれました。
image-20170408132715.png
「ただいま絶賛さびれ中…」とか
「次に来るときゃ無いかもよ」など
ネガティブな言葉が……(^_^;)
逆に興味を引かれて、じっくり読んじゃいました。
image-20170408133354.png
ローカルフィッシュ王座に輝く「うずわ」って何?
image-20170408133510.png
「うずわ定食」旨そう!(≧∇≦)

というわけで、うずわ飯が食べられるという
「湯の花通り」の「地魚のまるたか」へ。
外見は(中も)居酒屋。夜は混みそうです。
平日昼間だったせいか、ガラガラ。
「うずわ定食」税込1280円を注文しました。

最初にうずわ飯の食べ方指南書を渡されるので、
熟読します。
image-20170408134408.png
名古屋のひつまぶしのように、3回美味しく
食べられるんですね。

image-20170408134523.png
冷え冷えのお皿にはうずわのタタキ?
たっぷりご飯、お茶漬け用薬味、青唐辛子、
右下お皿の3品は、右からたくあん、店の特製
うずわ味噌(甘辛。ご飯に乗せたり、うずわに
混ぜたり)、角煮です。
「お茶漬け用のお出汁は、うずわをご飯に乗せて
からお声かけ下さいね〜」とのことでした。

まず指南書通りに三等分。
食べ方その1。
「青唐辛子はかなり辛いので、量は加減して下さい」
というので、少し醤油に混ぜて、うずわに付けて
ひとくち。
あ、美味しい、とても美味しい!カツオっぽい?
血合いも結構ある感じですが、生臭くなーい。
青唐辛子が良く合います。
青魚苦手でも大丈夫かもしれないです。

食べ方その2。
醤油と青唐辛子を混ぜてぐちゃぐちゃにして
ご飯にON&どんぶり持ち上げかっこむ。
ご飯にうずわ。相性良過ぎです。

食べ方その3。
青唐混ぜのうずわをご飯に乗せて、店員さんに
声をかけると、チュンチュンのお出しを
たっぷりかけてくれました。
「固まるから、急いでほぐして下さいね」と
言われたので、写真はピンボケ(^_^;)
image-20170408140737.png
刺身をお茶漬けにするのは、臭みが出てあまり好き
ではないのですが、これはひき肉のようになって
しっかり熱が通るので、大丈夫。
お出しは薄味なので、好みでお醤油をたらしても。
お酒のシメには最高のお茶漬けでしょうね。
今度は夜に飲みに来なくては。

image-20170408141359.png

image-20170408141416.png
メニューの説明もユニークです。
うずわ推し、地魚愛を感じるお店でした。
お店の方々も気持ち良くて、楽しくランチ
できました。

最後に「うずわ」の正体をたずねてみると、
「ソウダガツオ」でした。
鰹節の原料として知っていましたが、
こんなに美味しい魚だったんですね。
サバ以上に傷みやすく、多くはキャットフードに
加工されるらしいです。
近所のスーパーなどでは見かけませんよね。
猫用なんてもったい無ーーーい!(>_<)
nice!(5)  コメント(3) 
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。